エアサイクル工法

Air cycle(エアサイクル)

夏涼しく、冬暖かい。
自然エネルギーを利用して一年中、快適なエアサイクルの家®

温度差や結露のない快適空間を生み出して、住む人の「体と心の健康」を支え、「家の健康」を長期間にわたって維持し、将来への不安なく過ごせるようにする。地球環境にも優しい「エアサイクルの家®」は、1984年から外張り断熱工法で、技術革新を重ねて信頼性を支えています。

夏開く
自然エネルギーで涼しさがかけめぐる住まい

夏は小屋裏換気口と床下換気口を開き、床下から小屋裏へ連通した空気層に涼しい風を採り入れます。日中の熱せられた空気は上昇気流となり、小屋裏の換気口から屋外に放出。夜の涼しい風は、冷気を取り入れ、床下の地熱・壁・天井などに蓄えられ、快適空間となります。

夏の昼は放冷と遮熱 夏の夜は集冷と蓄冷
冬閉じる
自然エネルギーの暖かさで住まいを包み込みます

冬は小屋裏換気口と床下換気口を閉じて、太陽の温かさを採り入れ、自然に循環。日中は壁・小屋裏・床下の連通空間を暖かい空気で包み込み、夜は断熱効果を発揮。室内の熱が逃げるのを防ぎます。昼間に蓄えた熱で建物全体を暖めます。

冬の昼は断熱と蓄熱 冬の夜は放熱と断熱

動く空気で「健康住宅®」
健康 安心 快適

これまでの家は個別冷暖房。
これまでの多くの一般住宅は個別冷暖房
温度差により生まれる結露がカビの温床になります。
アレルギー疾患など、人の健康だけでなく、家の寿命に影響を及ぼす結露の原因は、「建物の気密性」「壁や窓の断熱性」「排気に水蒸気を含む暖房機」
結露の影響

エアサイクルの家®は部屋ごとの温度差をなくす。エアサイクルの家®は高断熱・高気密で家全体の寒暖差をなくす

家の中に温度差があると、夏は冷房病・寝冷え、冬はヒートショックなど、身体に負担を与えます。
「エアサイクルの家」は、自然エネルギーと高気密・高断熱で、温度差の少ない快適な空間をつくります。更に壁内の動く空気で湿気を拡散させ結露を防ぎ、カビやダニの発生を抑制。アレルギーに弱い方でも安心して暮らせます。